きれいを磨く

夜の洋館街

名古屋は東海地方の経済や文化の中心地になっています。
市内には多くのショッピングをすることができる場所や飲食店がひしめいていますが、そんな中で近年おすすめのスポットに上がってきているのが名古屋市の東部エリアです。
東部エリアは、元々は丘陵地であったために自然が多く残っている場所でした。
しかし、約10年前に万博が行われ、これにともなって周辺環境が大きく整備されました。
近年では大型の公園があったり、遊具施設があったり、スケート場が建設されたりと市民の憩いの場として大きく変わりました。
公園にはキャンプ場も整備されているので市内から車で20分程度でたどり着ける利便性から週末には多くの人で賑わう場所になっています。

名古屋の東部地方は、万博の開催によって公共交通機関も整備されました。
そのため市内までのアクセスが非常に良くなったことにより、大きな住宅地が誕生しました。
建て売り物件が中心ですが、市内で一戸建て住宅を持つことができると人気になり多くの住宅が建設されました。
この住宅建設にともなって周辺にはスーパーや飲食店、学校、病院が建設され新しい町が誕生しました。
飲食店も郊外型のおしゃれな店舗が多く、さらに近くに大学があることから若者向けの雑貨店も多く出店されました。
こうしたお店を目的にこの街を訪れる人も増えています。
自然もかつてのまま多く残されているところがあり、都会の中で自然を楽しみながらショッピングもできるスポットになっています。